スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エクステンデッド・ドミナント

B7→E7→A7→D7→G7→C7

このように、セカンダリー・ドミナントが3つ以上繋がると「エクステンデッド・ドミナント」になる。
エクステンデッド・ドミナントのときは、各コードを全てミクソリディアンにする決まりになっている。
V7/Ⅱなどのディグリーネームも書かない。

D7→G7
ここまではセカンダリー・ドミナント

A7→D7→G7
3つ以上からはエクステンデッド・ドミナント

スポンサーサイト

トーナル・テーデンシー

「トーナル・テーデンシー」とは、音がどこに行きたくなる性質を持ってるかということ

ガイド・トーン

ガイド・トーン:コードのキャラクターを決める音(コードの3rdと7th)

サークルオブフィフスの書き方

0時から、ドソレラミシソレラミシファ(ただし、6時のソから10時のシまでは♭がつく)

スケールトーンモーション

「スケールトーンモーション」
ダイアトニックコード、もしくは、ダイアトニック・セブンス・コードの、二度上のコードに進行するというものだそうだ。

それだけ??と思うかもしれないけど、二度上に進行する動きって、俺けっこう好きだったりする。

それは、けっこうスムーズな進行で、名前もついてますよということか。
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
楽器
DTM
サーチボックスリンク
amazon
アマゾン
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。