スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

偽終止

・V7がⅠ(m)以外のコードに解決する。
・ドミナント機能コード(○7)は、ルートが5度下行する基本的な解決を期待させるが(裏コードは半音下行)、この「期待されるコードに進行しなかった」場合

スポンサーサイト

トライトーン

トライトーン
調の固定・決定要素というのは、ドミナントがトニックに進行し、解決するということです。
その最も大事な要素は、ドミナントこーどに含まれるトライトーン(3全音)という緊張感のある音程が、進行先のトニックの和音のルートと第三音に解決するということです。

・7thsus4コードや、Ⅳ/Ⅴコード、Ⅱm7/Ⅴコードに置き換え、堅苦しさを取ることも可能。

カデンツ

完全終止=トニックで終わる。

不完全終止=トニックのコードトーンのうちとニック音以外で終わる
コードもⅠで終わることが通常

半終止=V7のドミナントコードのコードトーンで終わる。
コードもVで終わることが通常。


サブドミナントであるⅣで終わる場合も、半終止と考えることがある。


またウィキですが、こちらにも参考になる部分があります。


最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
楽器
DTM
サーチボックスリンク
amazon
アマゾン
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。