スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ディミニッシュト・セブン

CMaj7 C#dim7 Dm7 のように、全音でダイアトニックとダイアトニックを進行する場合、間にその間のdim7を挟むことができる。

下降時も同様。下降時は♭を使う。

Dm7 D♭dim7 CMaj7
スポンサーサイト

サブスティテュート・ドミナント(代理ドミナント)

サブスティテュート=代理という意味

プライマリードミナントや、セカンダリードミナントの代理コード

G7のガイドトーン(3rd,7th)はBとF。
BとFをガイドトーNに持つコードは、他にD♭7がある。
(ちょうどガイドトーンの3rdと7thはひっくり返った形)

G7のサブスティテュート・ドミナント(代理ドミナント)は、D♭7である。

GとD♭はトライトーN(増4度)離れた関係にある。
他のサブスティテュート・ドミナントも同じ関係にある。

ツーファイブワンのファイブをサブスティテュート・ドミナントにすることができる。
そうした場合、

Dm7 G7 CMaj7→Dm7 D♭7 CMaj7となる。

半音で下る進行になる。(ツーの半音下と覚えても良い)

ディグリーネームは次のようになる。
G7(Ⅴ7)→D♭7(subⅤ7)

A7’(Ⅴ7/Ⅱ)→E♭7(subⅤ7/Ⅱ)

ブランケットとアローは点線で書く。

マイナー・ツー・ファイブ

Aマイナーキーにおいて
Bm7(♭5) E7 Amの進行は、「リレーテッド・ツー・マイナー・セブン・フラット・ファイブ」と言う。

リレーテッド・ツー・マイナー・セブン・フラット・ファイブのコードスケールは常にロクリアン

Bm7 E7 Amでも問題はないが、Bm7(♭5) E7 Amのほうがスムーズ。

マイナー・コードに向かうセカンダリー・ドミナントの前には「リレーテッド・ツー・マイナー・セブン・フラット・ファイブ」がよく出てくる。(Amに限らず、他のマイナーコードでもこの進行は使われる)

「リレーテッド・ツー・マイナー・セブン・フラット・ファイブ」を「マイナー・ツー・ファイブ」と呼ぶ。

セカンダリー・ドミナント

セカンダリー・ドミナント:2番目のドミナントという意味。
プライマリー・ドミナント:1番目のドミナントという意味(キーCなら、G7→Cのこと)

どのダイアトニック・コードであっても、そのコードにから完全5度上のドミナント・コードを付ければそのコードに解決したくなる。

(キーCの二番目のダイアトニックコードDm7であれば)
A7→Dm7

このA7のことを、セカンダリードミナントと呼ぶ。

A7の場合は2番目のDm7に買いけるするので「Ⅱ」のコードから数えた「Ⅴ7」になると考えて「Ⅴ7/Ⅱ」(ファイブ・セブン・オブ・ツー)と呼ぶ。

7番目のダイアトニックコードのⅦM7(♭5)はディミニッシュ・コードの機能を持った特殊なコードなので、セカンダリー・ドミナントは無い。


シックスス・コード

シックスス・コードと13thの違い。
6thはトライアドに足すが、13thはセブンスコードに足す。

CMaj13の構成音が「CEGBDA」のように、
記載されているテンションより小さい数字のアヴェイラブル・テンションとコードトーンは含まれているものとする。
ゆえに、6と書けば、構成音はC6であれば「CEGA」である。(7thも含まれない)

最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
楽器
DTM
サーチボックスリンク
amazon
アマゾン
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。