スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シャープ・ファイブ

「オルタード・スケール」を使うべきコードでは5thを演奏してはいけない。

なので、G7(#9#5)のように表記する。

#5は♭13と同じ。

#5と書いてあった場合、普通の5thは使わない。

♭13と書いてあった場合、5thを省く習慣をつけたほうが良い。
ドミナント・セブンが出てきたら危険な5thを使わない人もいる。
スポンサーサイト

オルタード・スケール

キーCのG7で考える。
コードトーンはGBDFで、ナチュラル・テンションはACE。
これを組み合わせると、ダイアトニックスケールになる。
(GABCDEF)

そのナチュラルテンションの代わりにオルタードテンションの♭9、#9、#11、♭13を挿入すると次のようになる。
GBDF(G7のコードトーン)と、A♭A#C#E♭(オルタードテンション)

GA♭A#BC#DE♭F

このままだと8音になってしまうため、この場合5thを消去する。

G A♭ A# B C# E♭ F

「オルタードスケール」は、半音上のメロディックマイナーと覚えても良い。
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
楽器
DTM
サーチボックスリンク
amazon
アマゾン
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。