スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スケールトーンモーション

「スケールトーンモーション」
ダイアトニックコード、もしくは、ダイアトニック・セブンス・コードの、二度上のコードに進行するというものだそうだ。

それだけ??と思うかもしれないけど、二度上に進行する動きって、俺けっこう好きだったりする。

それは、けっこうスムーズな進行で、名前もついてますよということか。
スポンサーサイト

裏コード

裏コードの前に五度圏を見ました。

次に、裏コード。

裏コードを求めるのは、簡単。

五度圏の、中心をはさんで向かいの位置のコードが、裏コードです。

今度は、いつもの、「メルマガ作曲講座」様のページより、裏コードの表を引用します。

五度圏


変化をつけたいときに、裏コードがつかえますよと。

裏コードのまえに、五度圏

あんまり同じサイトから引用すると、著作権的問題が発生するのだろうか。
リンクは、法律的にはどんなにしてもセーフ(法律的にアウトのサイトにリンクしたらダメですよ!)らしいが、そこはマナーの問題なのかな。

でも、そこに行く人も増えるかもしれないわけで、良いのではとも思う。
あと、リンクをいっぱいされているサイトは、グーグル検索で上のほうに来るらしい。
そういう意味でも、リンクをいっぱいもらうことは、得することはあれ、損することはあんまりないのではと思う。


はい。裏コード。の前に五度圏。

OCEAN'S SOUNDS様のページより、その図を引用します。
http://sound.jp/nk_sounds/circle.html


Fから左に回るように、見てください
ファ、ド、ソ、レ、ラ、ミ、シ。

これは、調号を考えるときに、#のついていく順番なんですね。
逆に、シから考えると、♭がついていく順番です。

♯のついた、ひとつ上の音が、そのキーです。意味がわかりづらいのでその例→【ファに♯がついたなら、Gメジャー(か、Eマイナー)】


♭のついた、「シ、ミ、ラ、レ、ソ、ド、ファ」の一つ前が、そのキー。→【ミに♭がついたなら、B♭メジャー(か、Gマイナー)】

サブドミナントマイナー

またもこちらのサイトを引用します。

こちら

まあ、サブドミナントをマイナーにしてくださいってことですね。

ディミニッシュコード

何事も基本が大事。
基本のみやれという、教えもあるくらいだ。

こちらのサイトは、その基本を書いているように思う。

ジャズ 作曲

http://www.4th-signal.com/compose/magazine/53th.html

このメルマガは面白そうなのでじっくり読んでみよう。


こちらもおもしろそう
http://musikdtm.blog122.fc2.com/blog-category-13.html

アヴォイド・ノートの使い方

半音で解決させ、経過音として使うことができる。


参考

テンションコードでのアヴォイドノート

【Omit】
テンションコードでは、4ウェイ・クローズド・ボイシングという1オクターブ内に4声体ハーモニーを作る方法があります。
これは、7thコードに9th・11th・13thという高い音を1オクターブ以内に加えるごとに、それぞれのすぐ下のコードトーンを省略(omit)する方法です。


テンションを付加した場合、そのテンションに対する、♭9th、♯11thをつくらないようにすること。


モーダル・モード曲でのアボイドノート

モーダル・モード曲は、調性音楽とは違うもので、アボイドというものはない。
むしろ、アボイドノートだった音は、そのモードらしい個性を持つ特性音であり、他との違いの表現のために使用するべき音になる。


調性音楽の楽曲で、ドミナントコードを7thsus4に変化させた場合は、もともとアボイドノートだった音をコードトーンに変えたため、3rd音との共存によってアボイドノートになっていた理由から、アボイドノートは入れ替わり、3rdがアボイドノートになる。


【3rdとsus4】
ハーモニーを形成すっる垂直成分として共存すると、機能を阻害する関係にある2つの音なので、どちらかをコードトーンとして構成すると、もう一方がアボイドノートになる。


アヴォイド・ノートの定義

① コードトーンから♭9th(短9度)を構成する音
(Maj7コード上での、M7thから見たルート。また、ドミナント7thコード上の♭9thテンションは例外で除外される)

♭9とは、スケール上で、各コードトーンから半音上にある音になる。

Maj7th上でのM7thから見たルートは、スケール上での分類でアボイド・ノートとは言わない。
しかし、メロディがルート音であるとき、M7thをトップノートにしてのボイシングは聞き苦しくなるため、使わない。
他の展開形を使うか、コードをadd6thに変更する。



②コードトーンの各音から上方に♯11th(増11度=減12度)を形成し、ドミナント機能を感じさせるトライトーン(増4度=減5度)を構成してしまう音。
(例外として、リディアンスケール上でのMaj7コードでの特性音としての♯11thテンション)

♯11thとは、コードトーンから増4度をつくってしまう音程。


(まとめ)
①→コードトーンから半音上。
②→コードトーンから増4度上。(減5度下)

逆循環コード

トニック・コード以外のコードから始まり、循環するコード進行のこと。
機能の一例としては、「サブドミナント→ドミナント→トニック→サブドミナントへ向かうドミナント」など


参考


大逆循環コードというものもあり、その進行はカノンに使われているものである。Cで見ると、次の通り。

C→GonB→Am→ConG→F→ConE→Dm7→G7


ニコニコ動画に、その進行が使われている曲が取り上げられていました。
うーん。
俺。好きだわ。
この例であげられている曲。すきなのすごく多い。

ディミニッシュコードの使い方

・ディミニッシュコードには、増4度音程(トライトーン)が2組内包している。


【オーグジリャリー・ディミニッシュ(Auxiliary Diminish)(補助的用法)】
後続のコードとルートが共通だったら、この補助的用法と言える。
トニック・ディミニッシュとも呼ばれる。(例えばGdim→G)

【パッシング・ディミニッシュ(Passing Diminish)(経過的用法)】
後続のコードへのルートの動きが半音だったら、経過的用法。



ディミニッシュスケールに、アボイドノートはありません。
参考

裏コードの解決

裏コードはルートが半音下行して解決することを期待される。

偽終止

・V7がⅠ(m)以外のコードに解決する。
・ドミナント機能コード(○7)は、ルートが5度下行する基本的な解決を期待させるが(裏コードは半音下行)、この「期待されるコードに進行しなかった」場合

コードの色々

【エクステンディド・ドミナント】
参考


【裏コード subV7】
増4度離れたルートを持つ、ドミナント・セブンス・コードの代理コードのこと。両者のトライトーン(3と♭7が作る像4度音程)
参考

【パッシング・ディミニッシュ】
次のコードに対して半音関係のルートを持つディミニッシュコード。
参考

このサイトおもしろいかもしれませんね。
ベロベロ音楽理論

【メモ】
○6の6は長6度。

猫要素補充

猫と音楽理論なのに、猫要素がなさ過ぎじゃないか!ということで、iPhoneで作った画像を掲載します( ´ ▽ ` )ノ

ジャケットに使いたい。



ブルースコード進行

【ブルーノート】
ブルースフレーズを特徴付ける、主音から♭3、♭5、♭7のことである。

【ブルース・コード】
Ⅰ7、Ⅳ7、Ⅴ7のみでできている。
通常12小節。

Ⅰ7 Ⅳ7 Ⅰ7 Ⅰ7
Ⅳ7 Ⅳ7 Ⅰ7 Ⅰ7
Ⅴ7 Ⅳ7 Ⅰ7 Ⅰ7

【ドミナント機能】
○7コードは3、♭7という不安定な増四度(トライトーン)を内包しており、これが5度下行するルートの動きとともに、進行先のコードに解決する働き。
Ⅰ7(T)、Ⅳ7(SD)はドミナントの解決を伴わない。

モーダルインターチェンジ

【借用】
同主調の構成音(コードを含む)を一時的に使うことである。

【モーダルインターチェンジ】
同じ主音の、異なるスケールの要素を持つコードを、一時的に用いること。
同じ中心音で、異なるスケールからの構成音を、一時的に使うこと。(拡張された借用)

【サブドミナント・マイナー】
メジャーキーの中で、同主短調から借用されたサブドミナント・コードのこと。

Ⅳ△7→Ⅴ7→Ⅲm7→Ⅵm

コード進行を学ぶのと、動画はすごく相性が良い。と思う。

ニコニコ動画とyoutubeで見ていきましょう。

ユーチューブでも、ニコニコ動画でも「コード進行」で上に来る動画。

JPOPサウンドの核心部分が、実は1つのコード進行で出来ていた

JPOPサウンドの核心部分が、実は1つのコード進行で出来ていた 後編


モードについて考える。

モードについてwiki

モードというものも、恐らく雰囲気をつくるためのもので、モード内の音なら、音がにごりませんよというわけではないのだろう。

たとえば、ドレミファソラシドはCアイオニアンだが、その音を使って音が濁ることはぜったいあるわけで。
メロディをつくる際に、モードというものはけっこう使えますよ。ということではないか。


あと、コードをつける際にも、モード内でアヴォイドにならない音でつければ、雰囲気をつけられますよということか。

ブルーススケール・ブルーノートスケール

☆Cブルーノートペンタトニック
C E♭ F G B♭ C

☆Cブルーノートスケール
C E♭ F F♯(G♭) G B♭ C

☆Aブルーノートペンタトニック
A C D E G A

☆Aブルーノートスケール
A C D D♯(E♭) E G A

トライトーン

トライトーン
調の固定・決定要素というのは、ドミナントがトニックに進行し、解決するということです。
その最も大事な要素は、ドミナントこーどに含まれるトライトーン(3全音)という緊張感のある音程が、進行先のトニックの和音のルートと第三音に解決するということです。

・7thsus4コードや、Ⅳ/Ⅴコード、Ⅱm7/Ⅴコードに置き換え、堅苦しさを取ることも可能。

カデンツ

完全終止=トニックで終わる。

不完全終止=トニックのコードトーンのうちとニック音以外で終わる
コードもⅠで終わることが通常

半終止=V7のドミナントコードのコードトーンで終わる。
コードもVで終わることが通常。


サブドミナントであるⅣで終わる場合も、半終止と考えることがある。


またウィキですが、こちらにも参考になる部分があります。


スケールを調べるときに使える

スケールが呼び出せるページ

メモ

ドローン

ウィキ

ドローン。うまく使うとすごく印象的ですよね。

色々なスケール

wikipedhia_音階

勉強したほうがよいことがいっぱい書いてあるな。


その他メモ
○「ド・ミ・ファ・ソ・シ・ド」→沖縄音階

○「ド・ミ♭・ファ・ソ・シ♭・ド」→マイナーペンタトニック(=ブルースペンタトニック)

○「ソ・ラ・ド・レ・ミ・ソ」→メジャーペンタトニック(ヨナ抜き長音階(4th・7th省略))


スケールというものは、それ自体が、雰囲気を持っている。
だから、その雰囲気を出したいときに使うと良いのではないか。
覚えなきゃ!ではなく、使うと、効果的にその雰囲気を出せる武器として。

また、あたりまえですが、一曲通して同じスケールである義務はないわけですよね。
だから、Bメロのみミクソリディアンを使うとか、そういうことも可能なわけだ。

トーナルセンター

トーナルセンターとは、トーナル・グラビティー・センターとも言い、調性の中心という意味です。

例えば、Cメジャーの曲であれば、Cがトーナル・センターで、Dドリアンモードの曲であれば、Dがトーナルセンター。トーナルセンターをコンセプトとして捉えると、コードやモードから旋律を作り出すのではなく、トーナルセンターの周りに、センターを含むあらゆるスケール、モードが利用可能で、これらスケールもしくはモードの束からアンサンブルを形成していこうとするコンセプトです。
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
楽器
DTM
サーチボックスリンク
amazon
アマゾン
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。