スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハーモニック・マイナースケールとは

ハーモニックマイナー(和声的短音階):7番目の音が半音高い
Aナチュラル・マイナー・スケールだと、Amに解決したくなるE7がダイアトニックコードには存在しない。
それを作るため、7番目の音を半音上げる
スポンサーサイト

シックスス・コード

シックスス・コードと13thの違い。
6thはトライアドに足すが、13thはセブンスコードに足す。

CMaj13の構成音が「CEGBDA」のように、
記載されているテンションより小さい数字のアヴェイラブル・テンションとコードトーンは含まれているものとする。
ゆえに、6と書けば、構成音はC6であれば「CEGA」である。(7thも含まれない)

ガイド・トーン

ガイド・トーン:コードのキャラクターを決める音(コードの3rdと7th)

キーの2番目のコードには13thのテンションは使えない。(3rd以外なら可)

アヴェイラブルテンション:使えるテンション
アヴォイドノート:避けるべきテンション

コード・トーン半音上は避けるべき。

Dm7の13th(B音)のテンションは、3rdの音とトライトーンを作るためアヴォイドノートとなる。
→キーの2番目のコードには13thのテンションは使えない。(3rd以外なら可)

ナチュラル・テンション オルタード・テンション

「ナチュラル・テンション」:ダイアトニック・スケールに含まれる

「オルタード・テンション」:ダイアトニック・スケール以外

ブランケット アロー

ブランケット:ツー・ファイブの動きに付ける。
アロー:ファイブ・ワンの動きに付ける。

ブランケットは、マイナーセブンスとドミナントセブンスがツー・ファイブの関係にあればキーやダイアトニックに関係なく使える。

アローは、任意のドミナント・コードが5度下のメジャーコードやマイナーコードに解決していれば使える。(マイナーセブンスやドミナントセブンスに解決していても可。マイナー・セブン・フラット・ファイブは不可)

ダイアトニック・リハーモニゼーション

フォー・ファイブ・ワンや、ツー・ファイブ・ワンの進行は一般的だが、機能(トニック、サブドミナント、ドミナント)によってそれは入れ替える(リハーモニゼーション)することができる。

サークルオブフィフスの書き方

0時から、ドソレラミシソレラミシファ(ただし、6時のソから10時のシまでは♭がつく)

テンションコードについて続き

トニックコードのテンションは、9thと13thを使うことができる。

Ⅱ、Ⅱm7は、9、11、13thが使える。
Ⅱm7の11thというのは、音程の第5音(ドミナントセブンスコードのルート)に相当する。
Ⅱm(7)はⅤ7に進むことが多いが、この11thをベースにした、Ⅱm7(11)/Ⅴというコードは、Ⅱm(7)→Ⅴ7の流れをスムーズにするため、よく使われる。

こちらのサイトによるとテンションノートとは
http://homepage2.nifty.com/arigatch/sub06/chord9-1.html

・コード構成音の(原則として)全音上で、(但し7thの全音上は考えない)
・なおかつその音階の所属音

13thは、単音程に直すと、(13-7=)6th
テンションコードは、コード構成音の全音上なのだから、コードCであればA。

11thは単音程に直すと(11-7=)4th
コードCであれば構成音の全音上F#・・・・と思いきや、その音階の所属音なのでF。(「原則として」とはこのあたりなのだろう)

tenshon

【単音程・復音程】
1オクターブ以内の音程を単音程、1オクターブより上の音程を復音程といいます。

【omit】
9thはRootに解決、13thは5thに解決するのでRoot、5thがomitできます。

最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
楽器
DTM
サーチボックスリンク
amazon
アマゾン
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。