スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サブスティテュート・ドミナント(代理ドミナント)

サブスティテュート=代理という意味

プライマリードミナントや、セカンダリードミナントの代理コード

G7のガイドトーン(3rd,7th)はBとF。
BとFをガイドトーNに持つコードは、他にD♭7がある。
(ちょうどガイドトーンの3rdと7thはひっくり返った形)

G7のサブスティテュート・ドミナント(代理ドミナント)は、D♭7である。

GとD♭はトライトーN(増4度)離れた関係にある。
他のサブスティテュート・ドミナントも同じ関係にある。

ツーファイブワンのファイブをサブスティテュート・ドミナントにすることができる。
そうした場合、

Dm7 G7 CMaj7→Dm7 D♭7 CMaj7となる。

半音で下る進行になる。(ツーの半音下と覚えても良い)

ディグリーネームは次のようになる。
G7(Ⅴ7)→D♭7(subⅤ7)

A7’(Ⅴ7/Ⅱ)→E♭7(subⅤ7/Ⅱ)

ブランケットとアローは点線で書く。

シャープ・ファイブ

「オルタード・スケール」を使うべきコードでは5thを演奏してはいけない。

なので、G7(#9#5)のように表記する。

#5は♭13と同じ。

#5と書いてあった場合、普通の5thは使わない。

♭13と書いてあった場合、5thを省く習慣をつけたほうが良い。
ドミナント・セブンが出てきたら危険な5thを使わない人もいる。

オルタード・スケール

キーCのG7で考える。
コードトーンはGBDFで、ナチュラル・テンションはACE。
これを組み合わせると、ダイアトニックスケールになる。
(GABCDEF)

そのナチュラルテンションの代わりにオルタードテンションの♭9、#9、#11、♭13を挿入すると次のようになる。
GBDF(G7のコードトーン)と、A♭A#C#E♭(オルタードテンション)

GA♭A#BC#DE♭F

このままだと8音になってしまうため、この場合5thを消去する。

G A♭ A# B C# E♭ F

「オルタードスケール」は、半音上のメロディックマイナーと覚えても良い。

マイナー・ツー・ファイブ

Aマイナーキーにおいて
Bm7(♭5) E7 Amの進行は、「リレーテッド・ツー・マイナー・セブン・フラット・ファイブ」と言う。

リレーテッド・ツー・マイナー・セブン・フラット・ファイブのコードスケールは常にロクリアン

Bm7 E7 Amでも問題はないが、Bm7(♭5) E7 Amのほうがスムーズ。

マイナー・コードに向かうセカンダリー・ドミナントの前には「リレーテッド・ツー・マイナー・セブン・フラット・ファイブ」がよく出てくる。(Amに限らず、他のマイナーコードでもこの進行は使われる)

「リレーテッド・ツー・マイナー・セブン・フラット・ファイブ」を「マイナー・ツー・ファイブ」と呼ぶ。

リレーテッド・ツー・マイナー・セブン

「リレーテッド」:関係している

「ツー・ファイブ」の動きを作るために、任意のドミナント・セブンス・コードの直前に、そのコードを5番目と考えたときの2番目のマイナー・セブンスをつける。
これを、「リレーテッド・ツー・マイナー・セブン」という。

キーに無関係でも、ドミナント・セブンが出てきたら、それをⅤ7と捉えたときのⅡm7がつけられる。

「リレーテッド・ツー・マイナー・セブン」のときのコード・スケールは常に「ドリアン」になる。
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
楽器
DTM
サーチボックスリンク
amazon
アマゾン
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。